はにわの里 夏まつり

旧群馬町で行われる「はにわの里」花火大会に行ってみました。

芝生に座って、のんびり花火見物

芝生に座って、のんびり花火見物

地元の花火は、高い建物がないので、遠くからでもよく見えます。

花火会場の八幡塚古墳近くは駐車スペースがないかもしれないので、
花火が始まる直前に会場から1キロほど離れた三ツ寺公園へ。

すると、駐車場はガラガラ。
公園のベンチにはすでに見物客が陣取っていましたが、
池のまわりをぐるりと歩き、芝生が広がる広場にでると、見物客も少数で、広々としています。

花火が真正面に見えるベストスポットを探し、芝生にシートを敷いて座りました。
遠くの空で花火がふわりと開き、しばらくしてからパーンという炸裂音が聞こえます。

芝生はフワフワして座り心地満点。
池のほうから涼しい風が吹いてきて、寝転がるとそのまま寝てしまいそうな心地よさです。

小規模な花火なので、素朴に1発ずつ打ちあがり、時間は30分ほどでしたが、
広い公園で本格的な夕涼みを楽しめて、満足度の高い花火見物となりました。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。