Archive for the ‘本と映画’ Category

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」

以前から本屋さんに平積みされていたのですが、表紙がギャルの写真なので、ずっと合格した本人が書いたものだと思って […]

つづきを読む »

小説:「影法師」

石高によって武士の階級が明確に分かれ、厳しい上下関係が存在した江戸時代の幕藩体制下。 高い志を抱いた才能ある二 […]

つづきを読む »

暮しの手帖

「暮しの手帖」は、昭和23年に創刊された歴史ある主婦向けの雑誌。 手にとってパラパラとページを繰ってみると、い […]

つづきを読む »

映画: 「深夜食堂」

そのお店は、都心の一角にある細い路地をはいったところにある。 営業時間は、夜の12時から朝まで。 狭い店内は、 […]

つづきを読む »

小説:「殉愛」

「殉愛」は、大阪の芸人やしきたかじんと、その闘病をささえた女性の2年間を綴った物語。 小説の発売直前、キンスマ […]

つづきを読む »

映画:「プロミスト・ランド」

今や世界最大の天然ガス生産国となっているアメリカ。北米の大地には、まだまだ膨大な地下資源がねむっているらしい… […]

つづきを読む »

映画:「365日のシンプルライフ」

ルールは次の4つ。 1.自分の持ち物をすべて倉庫に預ける。 2.1日に1個だけ倉庫から持ってくる 3.1年間続 […]

つづきを読む »

映画:「大いなる沈黙へ」

ひさしぶりに、シネマテイク高崎で映画を観ました。 「大いなる沈黙へ」は、雪深いアルプス山脈にかこまれた男子修道 […]

つづきを読む »

エッセイ「野心のすすめ」

林真理子は、私の年代で知らない人はいないくらい顔も名前も知られた作家で、 歯に衣着せない発言や、自虐ネタに富ん […]

つづきを読む »

小説「白蓮れんれん」

毎朝、NHKの「花子とアン」を欠かさずに観ています。 主人公のモデル、村岡花子さんは「赤毛のアン」の翻訳者とし […]

つづきを読む »