最新の日記

初夏の寄せ植え

ペチュニアは花の時期が長く、種類も色も豊富。他の花とも合わせやすいので、夏の寄せ植えのメイン花材です。

4月初め頃から店頭に並び始め、お店をのぞくたびに次々に目新しい形や色のペチュニアが増えていきます。どれを買おうか迷ったあげく「また今度来たら、いい苗が増えてるかも」なんて購入を先送りしていると、5月のGW明けには急に商品が少なくなり、欲しかった品物が売り切れ、ということも。

気に入った苗を見つけたときには、早めに確保しておかなければ!

ペンタス、ベーベナ、ペチュニア、フランネルフラワー

ペチュニアとイソトマ

ペチュニア、ユーフォルビア、ブライダルベール

栽培2年目のバラ

ピエール・ド・ロンサール

会社の名前が「ローズ・ガーデン」なのだから、少しはバラを植えなくてはと、自宅にバラを植え始めて2年目の春。

今年はエントランスに植えたバラ「フェリシア」と「ピンクサマースノー」にうどん粉病が発生し、薬を散布してもなかなか治らずに苦労しました。

西側フェンスのピエール・ド・ロンサールは強健で大きく成長し、花付きも申し分なし。

南側フェンスにからませた白のサマースノーは、4月くらいに一度水切れになってちょっと葉が黄色くなったけど、がんばって咲いてくれました。

ブッシュノアゼットは、エントランスの一番前でほのかな香りを放ちました。グレーテルは、つぼみから満開になるまで、少しずつ花色が変わるのが魅力です。

ブッシュノアゼット

グレーテル

サマースノー

バラが咲く時期は花の状態をチェックしたり、花ガラ摘みをしたりとなんだか気忙しい毎日。春の草花がちょうど終わる時期なので植え替え作業も忙しく、ゆったりと花を楽しむ余裕はありませんでした。

ブラシノキ

ブラシノキ(金宝樹)

まるでコップを洗うブラシのような形をした花ですが、その名もブラシノキ。オーストリアからニューカレドニア産の木だそうです。

ブラシのように見えるのは雄しべで、柔らかくて触り心地は抜群。存在感のあるユニークな形がおもしろく、切花にしても楽しめます。

ちなみに、この雄しべ。つぼみの中ではギュウギュウにつめ込まれています。お部屋の中でつぼみから出てくる様子を観察するのも一興です。

ブラシノキのつぼみ

 

春から夏への模様替え

かなり徒長気味のパンジー

春の花はそろそろおしまい、とはいっても、まだまだいっぱいに咲いているパンジーを抜く気になれず、放置している間にかなり見栄えが悪くなってきてしまいました。

花の手入れをしていると、まだ咲いている花やつぼみを切ったり処分することがよくあります。そういうのがちょっと可哀そう、などと思ってしまうと、見苦しくなったりして、なんのために花を飾っているのかわからなくなってしまいます。

というわけで、やっぱりここは勇気をだして、植え替ることに。まだ咲いている花を切って、とりあえず洗面器にザブンと入れました。

そして、夏も力強く乗り切ってくれそうな花に植え替え。すっきりしました。

夏の寄せ植え(ペンタス、フランネルフラワー、ペチュニア、バーベナなど)

洗面器に入れたパンジー。まだいい香りがします。

オダマキの花

2年前の秋に種をまいたオダマキ。

昨年は花をつけるほどに育たず、今年やっと花が咲きました。

見れば見るほど、不思議な形の可憐な花です。

 

2年目の芝桜

 

2019年春

雑草対策のため、お隣に倣って、土手に芝桜を植え始めたのは2017年7月。3色の芝桜を50株ずつ植えました。昨年春に225株、秋にはさらに75株を追加すると同時に、成長した株を株分けして芝桜の面積を広げ、V字型にしてみました。

花がない時期に植えつけをしているので、花が咲いて初めて全体の形がわかります。花がこんもりと咲くと、逆三角形がちょっとハート型にも見えたので、先週、ちゃんとハート型になるように苗を植え替えてみました。来年、どうなっているのかが楽しみです。

 

エゴノキの下で

エゴノキの下は直径2メートルほどのスペース。半日陰で土も乾きやすい場所です。

エゴノキの下の花壇

昨年の秋、別の場所に植えてあったアジュガを移植したところ、4月に入って目をひく鮮やかなブルーの花を咲かせました。

ノースポールとビオラは環境に合わなかったらしく、小さい小さい株のまま、かろうじて花をつけています。

その周りで茎をのばしたのは、秋に種蒔きしたアルメリア。たくましく育ちました。

アルメリア

 

トルコキキョウの芽がでました

昨年の夏咲いたトルコキキョウの花がとても美しかったので、今年も種を購入しました。トルコキキョウの種はけし粒より小さく、ペレット種という特殊コーティングされた種を蒔きます。

前回は、秋に蒔いて育てたのですが、今年は春蒔きにしようと3月9日に種を蒔きました。まだちょっと早いかな…という時期だったのですが、案の定、なかなか発芽せず、桜が咲いてからも雪が降るような寒暖差が続き、毎日、土だけのプレートを見ながら「失敗したなぁ」とすっかり諦めていました。

昨年のトルコキキョウ

ところが、数日前、見つけました。1か月半かかってやっと、小さい小さい極小の双葉が出てきたのです。一枚の葉は1ミリくらい。土の上をじっーと目をこらして探してようやく見つけられる大きさです。

今回植えたのは、深紅とマーブルピンク、オーブカクテルという3色です。どんな花が咲くのか、今からワクワクします。

極小芽は見つけられる?(ピンぼけしてますが…)

藤の花が咲きました

昨年植えてもらった藤の花が初めて咲きました。

気温が高かったので、咲いたと思ったらすぐに散り始めてしまい、花の時期はほんの数日でした。

忘れな草

今年、春の花壇の名脇役となったのは、忘れな草。

ピンク色の種を注文したのですが、ピンクとブルーが混じった二色咲の苗もできました。