最新の日記

「潜水夫は蝶の夢をみる」

雑誌「ELLE」元編集長の実話をもとにつくられたフランス映画。

脳溢血による全身麻痺から突然寝たきり状態になり、機能するのは左目だけ。

まばたきでコミュニケーションをとり、ついには本を出版する。

まるで深海にもぐった潜水夫のように自由のきかない身体。

が、頭の中で蝶のように自由にはばたくイマジネーション。

映画の多くのシーンは、主人公の左目から見た外の世界をそのまま映像化しており、映画を見ているほうも動けない彼の窮屈な感覚を体感することができる。

眠くなるくらいにゆったりした展開だけど、映像が美しく、永く印象に残る映画。

春色にときめく季節

八百屋さん?で売ってたサクラソウ。春色につられて、つい買ってしまいました。

この季節になると、春が待ち遠しくて、こういう色が妙になつかしい気分になってきます。

サクラソウ

サクラソウ

今年も河津桜、見に行きたいなぁ…。

昨年2月に見た河津桜

昨年2月に見た河津桜

バーレスク

映画「バーレスク」を見た。 「フラッシュダンス」以来の感動!

20110111

お菓子づくりの日

年末年始に実家に帰り、母のお菓子づくりを手伝った。

粉だらけになりながら、2日がかりで3種類のクッキーを焼きあげた。

写真は、サブレ・フロランタン。

出来上がったお菓子は、日ごろお世話になっている方に…。

20110105

週末はライブ三昧

2010_12_16先週末、ETMG Music Fes.2010に行ってきた。

コブクロが出演するので行きたくて、どうせ応募しても当らないだろうと土日の2日ともチケットを申し込んだら、なんと両方とも当たってしまった。チケットを譲る相手も見つからないまま、結局、2日間のライブ三昧となった。

コブクロは2日とも出演するが、その他の出演者は日替わりで、ゴスペラーズ、原基博、CHEMIKSTRY、一青窈、平原綾香など。一度は生で聴いてみたいアーチストぞろい。

コンサートは3:30に開演し、8:30くらいまでつづく。素晴らしいライブだったけど、2連チャンとなるとさすがに疲れて、月曜日は一日中ぐったりした。

2日間のライブでもっとも印象に残ったのは、阿部真央。ギター一本で舞台にたった。

私は彼女の名前も知らなかった。さいたまスーパーアリーナに集まった2万人の観客の中には、私と同じように彼女の名を知らない人がけっこういたかもしれない。

圧巻だったのは、最後にうたった「母の唄」

「これは私のデビューのきっかけになった歌です。でも、CDにはしていません。ライブで歌うだけです」

歌というよりは「心の叫び」だった。じっと聴いているだけなのにグググと脈拍があがり、呼吸が早くなった。そのパワーは20歳ならではの純粋さと荒々しさに満ちて、とても魅力的だった。

次の日、体にまったく力がはいらなかったのは、彼女の演奏に魂を抜かれてしまったからかもしれない…。

運転歴1年

車を購入してから1年が経った。これまでの走行距離は1万キロ近い。自分でも信じられない数字だ。

車を買うまでには相当悩んだ。

もともと「車の運転なんか、あぶない」と言われていた。「車を運転するタイプじゃない」とか、「トロイんだからやめろ」と言われ、免許をとらなかった。車に乗らなくても不自由はないし、もう一生、自分で車を運転することはない、と思っていた。というより、むしろ、私のようなトロい人間は運転してはいけない、とも思っていたのだ。

そんな私が免許をとろうと思ったキッカケは、失業したこと。今まで何度も転職を繰り返しているので、失業すること自体はどうということはない。が、今回はこれまでとは状況が違った。いつもは求職活動1か月後には再就職できていたのが3か月やってもまったく成果がでない。年齢的な限界を感じた。

そこで、求職活動は一旦休止し、頭を切り替えることにした。自由な時間はたっぷりある。「せっかくだから、これまでやりたくてもできなかったこと、今しかできないことをやってみよう」と考えた。もう今までと同じことを同じ場所でやっていてもダメだ、なにか違うことをしなければ…。

こうして、49歳にして教習所へ通うことになった。実習1時間目から補習がついた。こわくて前が見られないのだ。運転するのが怖いというより、「私が運転している」という事実におびえた。周回コースのカーブに近づくと、ただ力まかせにハンドルを回した。隣に座った先生が足をつっぱるのがわかった。やっぱり私には車の運転なんて無理じゃないかと落ち込んだ。ある日、若い先生が私の運転をみて言った。

「あなたは自分を信じていない」

ドキッとした。彼はさらに続けた。

「それに、失敗したくないと思っていますね」

意外だけど、とても的確な指摘だった。問題は私がトロいことではなく、「運転なんて私にできるはずがない」という思い込みだった。この先生の熱心な指導に助けられた。冷静でいて情熱的な先生だった。

念願の免許証を手にしたのは、教習所に通いはじめてから約1か月後。

が、だからといって、車を運転できるようになったわけではない。免許をとって初めて「本当に車に乗れるようにするためには自分の車を買って練習しなければならないのだ」ということに気付いた。

とはいえ、車なんてそう簡単に買えるものではない。

免許をとったばかりで事故を起こすかもしれないし、せっかく買っても運転するのが怖くて結局乗らなくなってしまうかもしれない。それに、車を買うと購入費だけじゃなくて、維持費も相当かかる。車がなくてもまったく不自由なく生活できるのに、失業中の身でそんなことしてていいのか…でも、今乗らなければ、結局、一生乗れないままで終わってしまうかもしれない…。悶々とする日々が続いた。

やっぱり運転してみたい。ようやく決心したのは、免許取得から5か月後。

中古車店に行って、「一番安い車、ください」と言った。車をぶつける自信はあったので、練習用の車でよかった。「これが一番安いです」と見せられたのは、本体価格18,000円の赤いファミリア。私は赤いものはあまり身に着けない。真っ赤な車に乗るなんてとんでもない、と思っていたのに、なぜかその車は一目見て気に入った。

車を買ってしまった後も、まだ乗れるようになるかどうか、半信半疑だった。乗って1回目に事故るかもしれない。事故らなくても、怖い目にあえば、二度と乗れなくなるだろう。そうなったら、維持費がかからないうちにすぐに処分しよう。そう思っていた。

卒業して5か月も経つと、すっかり運転できなくなっていた。しかたなく、もう一度教習所でペーパードライバー教習を受け、毎日少しずつ練習した。自分の車庫に入れられるようにするだけで、初日に3時間練習した。立体駐車場なので、タイヤをきっちり溝にいれなければならない。向かいに停まっているBMWに当たらないか、ヒヤヒヤした。まわりで見てた人達が見かねてサポートしてくれた。2,3日は公道にでるのが怖くて、広い駐車場でただなんとなくグルグル行ったり来たりしていた。

練習は毎日続けた。1日でも運転しないと、もう次の日は乗れなくなってるかもしれない…。そう思うと、一日も休めなかった。練習するために家を出るまでには、いつも時間がかかった。一旦玄関まで行って靴をはいても、「何かあったらどうしよう」と考えると不安になってきて、部屋に引き返すこともあった。

車に乗り込んだら、「今日もよろしくね」とハンドルをなでた。深呼吸をしてエンジンをかける。一旦車で外にでてしまうと、不思議にもう不安は感じなかった。そして、無事帰ってくるとうれしくなり、「明日はどこへ行こう」と考えるのだ。

こうして毎日少しずつ走行距離をのばし、道を覚え、1か月半後には高速道路に乗るための教習を受けた。

車に乗れるようになって、私の行動範囲は一気に広がった。今ではスポーツクラブも車ででかける。ホームセンターで買い物をしたり、郊外のアウトレットに行ってみることもある。出不精な私が伊豆、南房総、栃木、茨城まで、高速にのって出かけるようになった。1年前には想像もできなかったことだ。

今でも運転が上手になったとはいえない。それでも一生ムリだと思っていたことができるようになった。車に乗るたびに、満足感が心にじんわりとひろがる。

寒いけど

機嫌よく咲いてます!20101201_320101201_2

12月だけど…

室内ではハイビスカスが咲きました。

これが今年最後かな。20101201_1

人気のパン屋さん

吉祥寺通りと連雀通りが交わる「狐久保」交差点の近くに、人気のパン屋さん「トーホー・ベーカリー」がある。土曜日のランチ前ともなると、行列ができて、なかなか中にも入れない状態。

ピザやパニーニ、サンドイッチ、甘い菓子パンなど、セレクションも多く、子供からお年寄りまでファンは多い。

今日も久しぶりに前を通ったら、入口前に行列が…。並んで買ってきたパンは、写真を撮る前に食べてしまいました。

20111127

ゴミ出しのルール

朝、寝坊していたら、玄関のチャイムがなった。

あわててパジャマのままででていくと、ドアの前にはお隣の奥さん。両手にはゴム手袋をはめ、ゴミ袋をもって立っている。

「お宅のゴミ袋がうちの車の下にあったのよ!」

「分別の仕方が悪いから回収されなかったのだ」と、わざわざ生ゴミの中から数枚の透明のプラ袋だけを分別してもってきてくださった。

寝ぼけた頭で、なにがなんだかわからず、とりあえず謝る。しかし、回収の人がゴミを車の下に入れたりするだろうか…?

9時になって、さっそく市役所に問い合わせてみた。分別の仕方が悪くて回収しない場合はあるが、その場合は注意を促す張り紙をするという。が、うちのゴミにはそういう張り紙はなかった。となると、やっぱり猫の仕業だ…。

この家のまわりには野良猫が住みついている。ガレージの屋根や車の上で日向ぼっこしていることもあるし、玄関を開けてると、勝手に入ってくることもある。餌をやったことはないけど、とくに追い払ったりもしていない。

が、実は2週間ほど前にも、別の方から「お宅の生ごみが猫に荒らされて散乱してましたよ」と注意を受けていた。その後、ビニール袋を2重にしてきっちりパッキングしたつもりだったけど、それでもダメだったのか…。野良ネコと仲良く共存するのは難しい…。20111125_1

午後から、菓子折りを持ってお隣にお詫びに。

「次回から、猫よけのネットを設置します」

これで問題解決となればいいけど…。不安で朝から何度も見に行っている。